Business Succession事業承継

Business Succession事業承継

会社を遺す。想いを遺す。人を遺す。

M&A(企業の合併と買収)と
一線を画した事業承継のカタチ。
廃業・清算、事業譲渡・売却以外にも、
次世代に会社を遺す選択肢を。

イメージ

事業承継の課題とは?

  • イメージ

    中小企業経営者
    の高齢化

  • イメージ

    後継者不足

  • イメージ

    相談先が
    わからない

  • イメージ

    税負担、個人保証
    株式譲渡の資金面

  • イメージ

    M&Aで買い手が
    つかない

  • イメージ

    M&A交渉中は
    秘密保持契約で社員にも
    情報を開示できない

  • イメージ

    M&A後の
    社員・顧客離れ

参照データ

日本を支える中小企業

イメージ

中小企業経営者の高齢化

イメージ

定まらない事業承継の方向性

イメージ

弊社の取り組み

会社を遺したい経営者と
起業したい若者のマッチング

イメージ

廃業を考えている経営者へ

もしかしたら、事業承継は考えていない、事業に将来性がない、
最初から自分の代でやめようと思っていた、継ぎたい人なんていない、
そのように考えていませんか?
しかし、若者の可能性は無限大で、事業承継により、
事業の成長・拡大の事例も枚挙に暇がありません。
会社を、築き上げてきた技術を、そして家族のような社員を遺しませんか?

M&Aを考えている経営者へ

会社は株主のものであり、株式譲渡で還元を受けるのは当然の権利です。
しかし、引退後のお金も大事ですが、
どこか後ろめたさと孤独を感じながらの余生より、
先代として感謝され、会社の成長を見届ける余生も素敵ではないでしょうか。
あなたが人生を捧げた会社の為、信じてついてきてくれた社員の為、
会社を、あなたの想いを、そして社員の会社への大切な想いを遺しませんか?

起業したい若者へ

起業したいけどやりたいことがわからない、
アイデアがない、お悩みの方は多いです。
ただ、何をやるか、何が楽しいか、何が向いているか、
やってみないとわからないもの。

目が向きがちな0→1も当然魅力的ですが、
1→100もとてもやりがいがあることです。
これからの人生、就職・転職・起業に加えて、
承継という選択肢はいかがでしょうか?
先代と社員が育てた会社を承継する事で、
起業家としてのあなたの挑戦を支援します。